あなたのNetCommonsサイトのインストール・移行・カスタマイズをお手伝いします。

【移行後に追加】新着
なんか今更のはなしですが、自身テーマの考え方が誤っていたような気がします。 テーマというのは、サイトそのものをトータル的にデザインするものだったのかと最近気づきました。 個々のプラグインを使いやすいようにするのはやはりカスタマイズで行い、サイト全体を作成する際トータル的にデザインしそれをテンプレート化したものをテーマになるのではと思うようになりました。 っで、サイトデザインに合わした各プラグインのカスタマイズも一式でテーマとし提供できるようにすればよいのだと でも汎用DBなんかは、あるページではgooglemapを、あるページではtanzakuを、といった場合は個々のテーマが必要になるなあ・・・ 以前のNC2の場合は、同じモジュールでもテンプレートの設定で見え方を変更できたので、上記のような場合も対応できたのになあ・・・ できればサイトにひとつテーマを設定すれば、そのサイトのページのデザイン、およびプラグインのデザインも統一されるものがよいと思う今日この頃です。 っで、来週NCのユーザーカンファレンスがあるが、今後のNCおよびコモンズネットがどのようになっていくか楽しみです。
昨日に続き朝からコンピュータの前でテーマを作ってみました。 珍しくちょっとカッコいい系のテーマです。 最近のサイトで背景画像を写真にし、1ページもののサイトをよく見かけます。 そのようなサイトもNC3でも作成できるといった例として写真背景画像のテーマを作成しました。ここでは背景画像のスクロールスピードも通常より少し早くするようなスクリプトも追加しています。 一度、デモサイトのページスタイル-背景画像のページをご覧ください。
本日(5/4)は天気も良かったのですが、家人が風邪をひきどこにも行けないので新しいテーマ(tanzaku)を作成してみました。 tanzakuテーマとはwordpressのテーマの一つでひとつの投稿を小さなブロックでブラウザの幅により配置を自動的に変更するテーマ。そのテーマがカッコよくNC2のときも似たものを作成していました。 そのNC2で作成していたtanzakuテーマ(NC2の時代はテンプレートとして作成していました)をNC3向けに作成。 汎用DBの一覧表示項目を登録した画像の上に表示するもの。またブラウザの幅により横幅での表示個数を変更するもの。 デモサイトに掲載しています。一度ご覧ください。 NC2で作成したときはwordpressのテーマと同じようにブラウザの幅によりjqueryにて横の表示個数を計算し配置方法を変更しておりカッコよかったのですが、今回NC3ではもともとがレスポンシブなのでqjueryは使用せずグリッドにて実装。
NC3の公式サイトのトラブルにて掲載されていた「フォトアルバム投稿時のパーミッションがおかしい(?)」でこちらのサイト、およびデモサイトもさくらで運用しているので確認してみたら確かに内部エラーとなりました。 っで、ちょっと調べてみたらrenameのところで落ちているようです。 そこで調べ解決策を見つけたのでデモサイトの確認用ルーム・フォトアルバムのページで公開しています。
NC3の公式サイトでさくらサーバで運用されているサイトでページ設定を行ったらエラーになるといった問題を発見しこのサイトでも試してみました。 このサイトもさくらサーバで運用しているもので・・・ しかし同様のエラーとはなりません。問題の記事を見るとエラーとなったときの画像がありその画像ではセッティングモードになっています。同じようにセッティングモードにしページ設定を行った場合同じエラーとなりました。 なぜかはわかりませんがセッティングモードにしている場合、現在のルームの情報が取得できずエラーとなっているようです。 っま、取り敢えずセッティングモードにしなければ設定もできるので使用する分には問題ないのですが、今度時間を見つけ問題解決に挑戦してみようと思いま~す。
お知らせ
エディ・ケイの元のサイト(https://nc2.eddy-k.jp)より新サーバ(さくらインターネット)へ移行しました。
新サーバでのサイトは、PHP7.1、DBはMySQL5.7で、
NetCommons3(3.1.9)での作成です。
(8/1 3.1.10のバージョンアップが出たので現在は3.1.10です)
標準のNC3への移行、およびカスタマイズの内容をわかるように、お知らせ(日誌)にて掲載しています。
 
是非、開発ツール(F12)を立ち上げ御覧ください。
カスタマイズ内容が見えてくる(?)と思います。
(カスタマイズするときは、よくF12を使用しています)
 
 
2018.8.4 EddyK ささき
特定の人だけを対象としたWEBサイト構築もおまかせください。
NetCommonsには、標準の会員管理機能があり、会員一人ひとりにIDを配布し、その会員さまのための情報配信ができる仕組みが、既に出来上がっているのです。
その機能を使うことで、安く・早く会員管理を備えたWEBサイトが構築できるのです。

塾・組合・委員会・企業内のWEBサイト構築を考えられているなら、是非一度、ご相談ください。

きっと、最適なご提案をさせていただけると思います。
よりよい生活のために “パソコンとインターネットを使って便利社会を考える” をミッションとし、大阪を拠点に活動する  IT企画・IT便利屋 『エディ・ケイ』。

いろいろな分野に対してIT(ICT:情報と通信技術)を使って情報の共有化をはかり「便利にすること」「活性化すること」を、常に考え創造・活動しています。
(NetCommonsの導入支援を中心に、情報共有化を推進します)

たとえ、excel・wordといった資料ひとつでも『 便利になった 』というものを作りたい、と考えます。
このサイトは、レスポンシブWEBデザインを意識し、NetCommonsで作成しています。
PCでご覧いただけるのは、もちろんのこと、タブレット、スマートフォンでは、画面サイズに応じ画像の大きさ、メニュー(ナビゲート)が自動に変換され、ご覧いただけます。